main_image_top
  • 薫風
  • JR京都伊勢丹 SUVACOにて商品の取り扱いが始まりました。
  • だしぽん酢
  • こぶ茶
  • 京昆布舗田なか
  • 出汁
  • 昆布屋の天然だし
  • 京昆布舗 田なか 清水店
手漉きおぼろ昆布 万能だし 佃煮のこと
京昆布舗 田なかのオンラインショッピング 万能だし レシピ集 昆布のふる里から 田なかの昆布への思い 京昆布舗 田なかfacebook だし日和サービス

京都で北海道産、敦賀産の昆布、おぼろ昆布、だし、とろろ昆布を取り扱う京昆布舗 田なか

【淡 -あわひ-】販売価格変更のお知らせ

無塩タイプ だしパック【淡 -あわひ-】につきまして

原料価格高騰に伴い、下記にて内容量の変更をさせていただきます。

【変更前】 【変更後】

24袋1944円 ➡ 20袋1944円

12袋1080円 ➡ 10袋1080円

5袋432円 ➡ 4袋432円

誠に申し訳ありませんが

何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

新着情報

2016/07/30 「催事販売 日程」8月~10月 催事情報を追加しました。

2016/05/30 「催事販売 日程」6月~7月 催事情報を追加しました。

2016/03/27 「催事販売 日程」5月~6月 催事情報を追加しました。

2015/01/30 手漉きおぼろ昆布ページに動画を追加しました。

2015/01/30 「催事販売 日程」4月~6月 催事情報を追加しました。

2014/12/28 年内の配送承りは12/29(月)までとなります。
         なお、新年のご配送の受付は1/4(日)からとなります。

2014/08/29 「催事販売 日程」11月 催事情報を追加しました。

2014/07/24 「催事販売 日程」10月 催事情報を追加しました。

2014/06/23 「催事販売 日程」8月・9月 催事情報を追加しました。

2014/06/06 本年度採れたての新山椒で炊きあげた新山椒昆布できあがりました。

2014/06/06 「催事販売 日程」6月・7月 催事情報を追加しました。

2014/02/02 「催事販売 日程」4月・5月 催事情報を追加しました。

2014/01/20 「催事販売 日程」2月・3月・4月・5月 催事情報を更新しました。

2013/11/19 「催事販売 日程」12月・1月 催事情報を更新しました。

2013/11/18 「万能だしレシピ集」を追加致しました。

だしをひき 心を惹く…

pic1

私ども「京昆布舗 田なか」は”100年以上3代続いて老舗”と言われる歴史あるお店が大変多くある京都の地においては、まだまだ歴史が若い店ですが、昆布に対する思い入れや、情熱は他のお店にも負けない位に持っております。

京都の料亭さんや、お寿司屋さんなどを通じて、プロの味の出し方。また、地域のお客様を通じて、家庭の味について、色々なご意見を頂戴し、日々、その事を商品作りに反映させて行こうと考えております。

若い故に詰め込める事もたくさんあります。若い故に成長もしてゆけます。

皆様のお心に支えられ、お客様と共に築き、引き継ぐ味の文化。

それが、当店のポリシーである「だしをひき 心を惹く…」に繋がればと思います。

pic2

「だしをひく」

世界にも類が無く、日本文化の伝統でもある「だし」。そして、日本の料理の中でも一際、繊細な輝きを放つ「京料理」…。京料理は食に通じる様々な方の心に感動を与え続けてきました。

そして、京都の食を語る上で、欠かせない「京漬物」などの名産品の数々。その料理の礎となるのは、やはり「だし」。京料理の文化は「だし」の文化であると考えます。

「京都のだし文化」の継承

pic3

私ども”京昆布舗 田なか”は、その使命を抱き、浄土宗の総本山としても知られる「知恩院」のお膝元でもあり、「京都の東の台所」と言われた「古川町」に開業いたしました。

周辺には、京都の随一の花街である「祇園」や風情豊かな「白川」「青蓮院」等を望み、京の情緒あるこの土地で、一歩一歩邁進して参ります。

家庭に根付くような「だし」の提案

昨今は、簡単・便利な「調味料」などで、下味を整えたりする事がごく一般的ではありますが、便利さと引き替えに失った物は計り知れません。

それでも、ご家庭においても簡単に本格的だしを取れる方法がないかなと矛盾・葛藤の末に、ようやく出来上がった、だしパックなどで、お忙しい方でもお湯で煮出すだけで、本格的な料亭だしが取れるご提案をさせて頂いたりと、お客様一人一人にあった形で本当のだしが、ご家庭に根付けばと願います。

「おぼろの火を消してはいかん」

そして
当店のおぼろ昆布へのこだわりは店主の深い想いによります。

店主が昆布の勉強をする為に、福井県は敦賀に滞在していた折、おぼろ昆布の生産率が全国の8割を占めるこの土地で耳にしたのは「おぼろ昆布職人の後継者不足」。

一枚の昆布から生み出されていく、まさに”昆布から生まれる芸術品”であると思います。「おぼろ昆布」は手作業なればこそ、出来上がる逸品です。

おぼろ昆布を手がける会社の方が仰いました、「おぼろの火を消してはいかん」と。店主もそれに共感しました。

手作業でしか生まれない味があります。北海道を出て、敦賀から京都を経て大阪へ。かの昆布ロードの路は、この京都の地でも文化としてしっかり刻まれております。

店主はおぼろの火を絶やす事無く、一人でも多くのお客様に、この「おぼろ昆布」の素晴らしさを知って頂こうと、”手すき”の腕に磨きをかけ、日々精進していこうと思います。

pic4